写真1:外観

2003年春から、ミュンヘンのUバーン(地下鉄)に「タイプC」と呼ばれる新型車が投入されている。
1971年の開業以来使われていたタイプA及びタイプBの2両固定編成方式を改め6両固定編成とするなど、各所に変更点が盛り込まれたこの新型車両は、利用者が多いU3、U6系統と、2003年秋に路線延長されたU1系統で、主に使われている

(写真をクリックすると大きくなります)
写真2:側面 丸みを帯びた新型車両
ステンレス製に見えるが、実は鋼製で、シルバーメタリックとライトブルー、裾周りを黒に塗装されている。
写真3:車内 貫通路が設けられた車内
従来車では、非貫通となっていた。(非常用通路もなかった)
また、各車端部と先頭車はロングシートとなり、混雑緩和が図られた。ロングシートは木製で、緩やかに弧を描いているのが特徴。
写真4:簡易腰掛 ドア横の簡易腰掛け
ロングシート採用に伴う着席定員減を補うためか、ドア横に簡易腰掛け(尻乗せと呼ぶべきか)が設けられている。
ギャラリーTOPに戻る
inserted by FC2 system