はじめに
 本来は会長の挨拶が入るページかもしれませんが、まずはホームページ制作者の立場から、ページ開設のいきさつや狙い、さらには皆様へのお願い等々を書き連ねていきたいと思います。

 以前から、海外鉄道研究会(以下、IRSJと略す)のホームページを立ち上げようという気運は、会のなかでも高まってきていました。かくいう私自身も、ことあるごとに例会などで提言してきたわけですが、これには、大きなふたつの理由がありました。
 まず第一に、発足して30年以上たつIRSJですが、現在、推定約300名ほどの会員は全国津々浦々にお住まいのため、年一度の総会をはじめ、東京・名古屋・関西の各地区にて隔月で行われる例会、あるいは蒸気機関車や軽鉄道の部会なども、居住地から遠いとか、仕事が忙しいとか、ともあれせっかく入会したのに、まだ一度もこういった会に参加したことがないという会員も、少なからずいることです。
 全会的な唯一のつながりは、時々郵送される「お知らせ」、あるいは会報「ペンデルツーク」くらいでしょうか。それでも、決して安くはない年会費などを考えれば、もう少し、普段例会などに参加できない会員も楽しめるような企画があってもいいはずです。それで、最近日常生活の一部になりつつある「インターネット」を媒介として利用することを思いつきました。
 もちろん、パソコン(当ホームページは、携帯電話には対応しておりません)を使って、インターネット接続ができて…という環境が整わなければ、このホームページを読むのは難しいでしょう。しかし逆に、そういう条件に合う会員にとっては、これまでよりもIRSJが、少しでも身近に感じられるようになるに違いありません。
 「正確な情報が速く伝達される」、「普段なかなか会うことのない会員とも、親睦が深められる」…そんな効用のあるホームページにしていきたいと思っています。

 ふたつめの狙いは、新規会員の獲得…もとい、入会の窓口になればということです。
 私自身は1997年からインターネットを始め、これまでいろいろなサイトを見てきましたが、日本語で書かれた、海外の鉄道に関する個人のホームページ、あるいはブログも含めれば(会員に限らず)、思っていた以上にたくさんあることに驚かされます。
 表現のスタイルも、研究レポートのようなものから、旅行記や写真集の形態をとったものまでさまざま。若い学生の方や、女性が作ったものも珍しくありません。なかには、決して鉄道にのめりこんでるとか、詳しいとかいえないような人が、海外旅行の一コマとして鉄道乗車体験を書いたりしているのもあるんですが、それはそれで、時にはその新鮮な視点にハッとさせられることもあります。
 見渡せば、海外の鉄道に多少なりとも興味を持つ人は予想以上にいらっしゃるようです。長寿番組として親しまれている「世界の車窓から」や、タレントの関口知宏さんが鉄道に乗って旅をするといったようなテレビ番組が多くの人に愛されているのも、その証拠でしょう。
 「IRSJに初心者同然の会員を入会させるのは、いかがなものか」という意見を持つかたもいるかもしれません。ただ私自身もそうであるように、車両自体のハード面や運用についてはほとんど知らないけど、「ただ乗ってるだけで好き」とか。または時刻表なら任せてとか、海外旅行ならしょっちゅう行ってるとか、模型に興味があるとか…つまり、知識の有無やジャンル問わず、海外の鉄道が好きであればいろんな人に門戸を広げるのもいいのではないでしょうか。
 今までIRSJの存在を知らなかった人が、このホームページを覗いてみて、気に入ったら入会して…もっともっと、大勢の人たちに親しまれるようになれば本望です。

 さてホームページ制作を仰せつかってから予定より1年近く遅れ、やっと日の目を見たIRSJの公式ホームページですが、ご覧の通りまだまだ内容としては不十分なもので、修正が必要な箇所は山ほどあると思われます。
 そこで、次の項目について、感想や意見、提言をお願いいたします。メールなどでご連絡下さい。

  • Web上からの入会受付の方法、「ギャラリー」投稿受付方法の確立
  • 内容について…補足や修正、付け加えてほしいコンテンツなど
  • デザインについて…いたってシンプルな現状だが、もっと凝ったものが必要か。アニメーションGIF、動画などの導入は?
  • このホームページを飾る、海外の鉄道関係のイラストや写真(自分で作ったオリジナルでなくても、何かいいフリー素材集があれば教えて下さい。くれぐれも著作権には注意を)
  • 英語版はやはり必要か?誰が作るのか?…できれば、英語の得意な方に(^_^;)
  • その他、いろいろとお気づきの点など

<ホームページ制作者・管理人プロフィール>

岩間 昌子(いわま まさこ)。岩手県生まれ。
本業はトラベルライター。専ら国内をフィールドに、ガイドブックや女性誌の旅行記事などの取材・執筆・編集を経験。
1990年4月、IRSJに入会。2002年1月、女性初の同会理事に就任。
仕事柄、車両そのものよりも、「乗って旅をすること」に興味がある。あえてジャンル付けをすれば「乗りつぶし派」「車窓派」(?)でしょうか。
あと、飛行機(民間旅客機)も好きです。
*2016年10月、初の著書「ローカル鉄道の解剖図鑑」上梓しました(ちなみに日本国内の鉄道が対象です)。

<ホームページ制作に使用した機器、ソフトなどの紹介>

  • パソコン…HP ProBook 455 G2 (ノートパソコン)、OSはWindows 7
  • ホームページ制作…IBM「ホームページ・ビルダー」をベースに、「秀丸エディタ」を使って自分で文章を書き、HTMLタグを新たに組んだり、修正したりして作成
  • 動作確認用ブラウザ…Google Chrome ver41.0
  • プロバイダ…無料ホームページサービス「FC2」を利用

*マシンやブラウザなどにより、字送りなどの点で見苦しく表示される場合があります。それ以外の部分で、表示がおかしい(例:文字化け、文字の重なり)など、お気づきの点がございましたら、メール等でご一報下さい。
*サイト上に記載されている会社名、システム名、製品名は一般にそれぞれ各社の商号、商標、登録商標です。



E Mail

Top Page


inserted by FC2 system